おすすめ情報|支援企業ポータルサイト

支援企業ポータルサイト
おすすめ情報
目的に近い条件のアパートを出してもらえるまで、探してもらいます。でも、不動産会社に足を運ぶと、たいがいこういうパターンですよね。
契約決まっちゃいました、ということの他にも、詳しく聞きに行ったら「実はですね」とか言われて、書いてなかった条件が隠れていたりとか。条件が大きく変わるようであれば諦めて、また自分で他社物件も含めて一から探しますが、その時の担当者が誠意ある対応をしてくれていると分かれば、もうちょっと条件を変えてでも色々と提案してもらって、そこで決める方向でいくかもしれません。
アパート

人と人との関係で、客はいくらでも変えることができるので、子の人だったら自分の求めている物件を探してくれるかも、と思えばお任せしてしまうことも。実際私は、それでアパートを決めてしまった経験があります。案の定、担当者のその後の対応もとてもよいものでした。どちらも変わらないと思います。その人がきちんとしているかいないかだと思います。
不動産物件の営業マンというと、イメージは男の人ですが、最近は女性も多いのだと思います。しかし、やはり人柄が一番大事だと思うのです。こまめに連絡をくれるとか、細かいところにも気がつくとか、要はセンスの問題だと思います。
それと、探している人の気持ちがわかる人、その家族構成に近い人のほうが、安心です。例えば女性の一人暮らし用のアパートを探したいときに、家族持ちの男性営業マンがついても、何をポイントにしているのかがわからないような気がします。反対に、子連れで探しに来ているのに、独身の男性営業マンでは話にならないと思います。不動産会社の名前は●●ホームがよいのか?私の印象では、どちらも変わらないと思います。
ただ、やはり漢字のほうは硬いイメージがあり、カタカナのほうはやわらかいイメージがあるので、店に入りやすそうなのは「○○ホーム」のほうだと思います。漢字のほうは、昔からある地元の不動産会社、という印象を受けます。